愛行こそは我が使命

ヘアードネーション

ヘアードネーションの為に

3年かけて伸びした髪を明日切りに行きます。


この3年


誰かの役に立つ事が嬉しくて


髪の手入れをするたびに


幸せな気持ちにさせていただけた。


感無量。


壮年誌友会開催‼️

壮年誌友会開催!

酒井家集合しましたっ\(^o^)/

今年度から、小さな壮年誌友会を開催する事に成りまして、

先月会議に青年会員の長女も連れて参加したところ、

親娘でいたわたしたちに、家族で開催するのも面白いねと、盛り上がり、

毎週水曜日が休日の長男が家族で食事に来るので

ノーミート誌友会が出来るね!

ということになりました。

夫も快諾。

長男、お嫁さん、次男次女にはLINEのグループ通信でメールすると、快諾!

昨日、私がお母さんから

生長の家地方講師に変身して、
開会の祈りのあと、「食卓から平和を」の動画を見て、お話しをして、食事をしました。

普段の食事では何故ノーミートなのかはハッキリ伝えていませんでした。

真理は生長の家の先生からしか伝わらないので。

まさか、自分かわ講師の立場で家族に伝える日が来るとは。

動画のお陰で

本当の事を知った

一同。

深い思いを持つに至り、

ノーミートの意義を知り、賛同してくれました。

家族誌友会大成功。

次からは、
講師、参加者集めて開催!
の夢が膨らみました。

感謝合掌



谷口雅宣先生の御本のチカラ

今日は講師研修会に行きました。

「生長の家では生活の三正行を確実に実践する事により、自分自身の生活が素晴らしくなると共に真理を伝えることが出来る」

と学んでいますが

三正行のひとつの愛行として、

ノーミート料理を始める。勧める事も大いなる愛行ですと、

矢野教化部長のご指導に共鳴しました。

今日のテキストは

「今こそ自然から学ぼう」と機関紙
でしたが、

必要を感じて、先日から読み直していた本でした。

近頃まさに今必要な谷口雅宣先生のご本を自然に読んでいて、

読めば読むほどその素晴らしさに

魂が打ち震え、

三正行をしたくてしかたがなくなります。

以前は、生長の家の活動がしたいのに、

生活の為に仕事や家事をしなければならないと苦しんでいましたが、

谷口雅宣先生の説かれる生長の家の生き方が書かれている書物のチカラで、

真理を生活する方法をよく理解出来ました。

仕事や家事を理由に本を読む時間は取れないと自己限定していた自分を恥じています。

真理をお伝えする神様のパイプに成りたいのに、

伝える真理を学ばなくては何も通さないパイプです。

雅宣先生のご本は

何度も何度も噛み締めて読まなければ理解出来ない。

諦めずに自分の信仰と精神と能力を高める事が生き甲斐です。

十二指腸潰瘍が消えていた。

ジョイに書いたら十二指腸潰瘍が消えていた。
会社の検診を受けたのは11月17日結果を聞いたのはのは12月18日
今日、十二指腸潰瘍の検査で胃カメラのんで調べたら
でっかい潰瘍跡が3つもあったけどもう消えていた。

午後から誌友さんのお宅に甘露の法雨を読みにいく約束を地区連会長としていた。
検査が長引いて約束の時間を過ぎていた。
遅くなりそうだとメールはしてたから、地区連会長は今日は止めましょうとメールがきたけど、

待ってるから行きましょうとタクシー飛ばして地区連会長をお乗せして誌友さんのお宅で甘露の法雨を読みました。


喉の麻酔が切れてのどが痛かったけど、
無事に愛行をさせて頂く喜びで誌友さんにココロから感謝しました。

地区連会長も喜んでくださいました。

家に帰って夫に報告すると、

凄いね。また講話のネタが出来たねと笑っていました。

やっぱりアナタは面白い。

でも病気になってたのは事実だから、ひとりで頑張るまいと思いました。買い物も全部夫にお願いしよう。疲れたら休もう。

でも、神様ごとは第一にする生活だけは変えるまいとココロに誓っています。

ありがとうございますo(^▽^)o

最強伝道アイテム

1369569672225.jpg

はいっ(((o(*゚▽゚*)o)))

これを胸に付けて、

歩いておりますっ(((o(*゚▽゚*)o)))


出勤のときはさすがにしておりませんが、

帰りには胸に付けて帰っておりますっヽ(;▽;)ノ


今日もバスからおりてきたママ友と、ばったりあって、


胸のバッチをバッチリ見つけてくれて、

お世話に成った方が熱心にされていたと、話してくれました。

すかさず
講習会のお誘いをしましたが、

「私は.O一教会を信仰してるのよ」

と、言われました。

ビックリしたけど、環境問題、地球規模の問題も学んでるらしくて、

和気あいあいと、楽しく話が盛り上がりました。


そして、
講習会のチラシを受け取ってくれました。


いつでも笑顔で気さくで優しくて、長女をとても可愛がってくれた方だったけど、彼女に生長の家のお話をしたのははじめてでした。

やっぱり、
最強バッチだわっ(((o(*゚▽゚*)o)))

毎日がワクワクですっヽ(;▽;)ノ


ニコニコo(^▽^)o

ルンルンヽ(;▽;)ノ

幼い頃、近所のおばあちゃんの笑顔が大好きだった。


ご近所に、

柔らかく優しい笑顔のおばあちゃんが居ました。


おばあちゃんにあうと、ココロがほんわりして、嬉しくなりました。

18歳の時、父と一緒に生長の家に入信して、

おばあちゃんが生長の家の人だと知りました。

父は再入信だったから、

おばあちゃんが、
「ゆきえちゃんが赤ちゃんの時、ゆきえちゃんの家のお座敷で誌友会があってね、ゆきえちゃんも真理を聞いとったんよ。」

おばあちゃんの素敵な笑顔は生長の家の人だったからなんだなぁと、納得しました。


昨日、職場の先輩に「生長の家」のお話しをさせて頂いて、

「さかいさんの笑顔で言われたら、信じてしまうね。本、読んでみるね。こんどゆっくりお茶しようね。」

と、言ってくれました。

毎日、先輩に祝福の祈りをしていたから、神様が導いてくれました。


嬉しくて、しあわせで、感謝していたら、あのおばあちゃんの笑顔を、思い出しました。


おばあちゃんも、私たち家族のしあわせを毎日祈っていてくれたんだ。


だから、あの柔らかな優しいひかりそのものの笑顔を向けてくれたんだ。


ありがとう。おばあちゃん。

ありがとう。神様。

わたしも、神様のパイプと成って、今日もみんなのしあわせを祈るね。

いのちのゆには練成会は良かよっ\(^o^)/

ゆには練成のスタッフに入れていただいて、半年経ちました。


スタッフが拝み合い、笑い合い、感謝しあってるんやもん。

生長の家、そのもの(#^.^#)

素晴らしかっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ちよっと前はカナダからも日系人の方が参加されて、

カナダで自己流で本を読んで解ったつもりだったけど、ゆには練成に参加して信仰が深まりましたと、喜ばれてましたね。

私もね、信仰体験が山程あるんです。生長の家の本にもいっぱい紹介されてました。苦難を乗り越え、今があるんです。

でもね、


この半年で、

すっかり
気持ちが朗らかに成りました。

神様は光。
私もひかり。
あなたも光。

私が乗り越えた苦難さえ、無い。

喜んでいるだけで良い。
喜ぶのが練成。
喜ぶのが人生。

嬉しかあ~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


ゆには練成すばらしかよっ
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


みんな、来んしゃい\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

唐松模様に学ぶ

生長の家総裁 谷口雅宣先生のブログ

唐松模様
運動の変化について

続きを読む "唐松模様に学ぶ" »

講師研修会で日時計主義の生き方の発表をさせて頂きました。

神の子の皆様ありがとうございますo(^▽^)o

2日は講師研修会で日時計主義の実践の体験談を発表させて頂きました。

しかし、仕事の忙しさと介護疲れか、近頃自分の本心が観えなくなり、体験談の原稿も直前までまとまらず、右往左往しておりました。

体験発表のおかげで、自分がいあかに恵まれ祝福されているのか改めて感謝の気持ちに満たされました。

矢野教化部長先生のご指導を頂き、私は「神様の優秀なパイプに成りたい」だけなんだと内部理想の声をはっきりと聞く事ができました。

ポスティングジョイのお仲間の
Qタンさんと席をご一緒させて頂き、
ゴロニャンと甘えました\(//∇//)\
おかげで落ち着いて発表出来ました。

Qタンさんは慈愛に満ちていらっしゃるのでついつい甘えてしまいます。ありがとうございました^_^

ごんずいさんや桃果ちゃんのお母様、びんちゃんさんにも声を掛けて頂いて嬉しかったです。

今朝素晴らしい事がありました。

半年前から歯茎に大きな水泡が出来、いくら治療しても治らず諦めて腫れたままにしていたのですが、今日起きたら、綺麗に無くなって居ました。

私の悲しい思いが消えたのでしょうね(//∇//)\

皆様の今も
きらめきに満ちて居ますようにo(^▽^)o

ニコニコ♪ルンルン♪

あなたは悪くない

責めなくていい

あなたは悪くない

純粋なあなただから

苦しかったね。


あなたほどの人が間違うわけが無い。

信じて待つだけでいい。

喜ぼう。
楽しもう。


きらめく今を………。

フォト
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ