光のギャラリー ~アトリエTK

  • http://atelier-tk2.cocolog-nifty.com/blog/

postingjoy

経済・政治・国際

生長の家は安倍政権を支持しません。

http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20171004.html


※衆議院選挙の選挙期間中(10月10日~10月22日)は、
本方針を印刷して他に配布しないようにしてください。

――第48回衆議院選挙に対する生長の家の方針――

「再び、与党とその候補者を支持しない」
今月22日の衆議院選挙を前に、当教団は、昨年の参議院選挙の時と同様に、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「再び、与党とその候補者を支持しない」方針を再確認し、合わせて、生長の家が考える政治のあるべき姿を全国の会員・信徒に周知することにしました。

私たちは、なぜ再び、与党とその候補者を支持しないのでしょうか。それは、昨年の参議院選挙の与党不支持の理由として挙げたのと同じく、彼らの政治姿勢が改まらないどころか、国民を無視した強引な政権運営を繰り返しているからです。

1.民主主義の根幹をなす立憲主義を軽視している。

安倍政権は、すでに一内閣の閣議決定だけで「集団的自衛権」を行使できるとする “解釈改憲”を行ったり、一気に11本の安全保障関連法案を強行採決しましたが、今年も、6月15日の参院本会議で、十分な審議を行わないまま、共謀罪(正式名称=改正組織犯罪処罰法)の採決を強行しました。この共謀罪は、内容的にも、犯罪を計画段階から処罰できるもので、テロ組織や暴力団に限定されず、一般市民までが捜査の対象となりうると懸念され、戦前の治安維持法との類似性も指摘されています。

また、安倍政権は、今回の衆議院解散・総選挙を、両院で3分の2以上の圧倒的多数を握る優位の立場にあるにもかかわらず、敢えて強行しました。これには野党が強く反発しただけでなく、憲法学者からも、内閣の解散権の乱用であり、「議会制民主主義の趣旨に反し、立憲主義を危機にさらすものだ」という批判が相次いでいます。安倍首相が、森友・加計問題の追及の目をそらすために解散権を行使したとの疑惑は大きく、多くの良識ある国民の納得を得られていません。

このように、昨夏の参議院選後の国会運営を見ても、安倍政権は、権力を一手に握ったことをよいことに、自分の利益を優先させて強引に国を動かそうとしている一方、主権者である国民の意思を尊重しない独裁的手法が目立ってきています。

2.九条改憲に反対する

今回の衆議院選挙では、私たちは自由民主党(安倍晋三総裁)が打ち出した公約の一つである、「憲法第9条の改正」に反対します。自民党の9条改憲案の「自衛隊の明記」は、「現状の自衛隊の追認だから問題ない」と安易に考えることは間違いであり、日本国憲法の平和主義や基本的人権の保障を脅かす危険性があると考えるものです。

「自衛隊」という言葉を憲法第9条に明記することは、2015年に強行採決された集団的自衛権の限定行使を認めた安保法制を含めて確定することになり、それによって自衛隊の役割が拡大し、米軍と共に軍事行動する機会が増える可能性があります。アメリカの個別的自衛権と「有志連合」の集団的自衛権のそれぞれの発動によって始まったアフガニスタン戦争のような米国主導の戦争に、自衛隊が進んで参加する、あるいは参加させられる可能性が高まります。

また、9条への「自衛隊の明記」は、自衛隊や在日米軍の活動や集団的自衛権行使が自由にできるようにするため、これを監視する国民の「知る権利」や、反対の意思表示をする「表現の自由」などの基本的人権を大きく制限する根拠を与えることになります。実際に、自衛隊の南スーダンの派遣施設隊の日報問題では、政府にとって“不都合な事実”が隠蔽されたり、森友学園・加計学園問題でも、安倍首相個人にとって“不都合な真実”が政府や省庁、一部マスコミを巻き込んで隠蔽されたことをみても、「知る権利」や「表現の自由」が制限されることは同政権の“体質”とさえ言えるでしょう。

自民党は、北朝鮮のミサイル問題があったから、「九条改憲」を言い出したのではなく、2005年に「新憲法草案」(第1次草案)を策定し、また2012年には、「日本国憲法改正草案」(第2次草案)を策定して、その中では、「自衛隊」ではなく、「国防軍」を保持することを堂々と掲げていました。自民党の本音は、「自衛隊の明記」ではなく、国防軍――つまり軍隊を憲法上に明記することであることは知っておく必要があります。ですから、安倍政権の“日本軍国化”のねらいは、「9条改憲」の一つを見ているのでは全貌が分かりません。憲法だけでなく、いくつもの法律の改正、新設、閣議決定、具体的政策などを総合して見ることで、その本当の危険性が露わになります。

すなわち、平和安全保障法、特定機密保護法、共謀罪の強行採決、武器輸出の解禁、軍民両用研究の推進、教科書検定への介入強化などに、今回の自衛隊の9条明記を組み合わせれば、日本の軍事力を増強し、かつ自由に集団的自衛権を行使でき、自衛隊の活動や安全保障に関する情報を隠し、反対するものは徹底的に排除する国を作り上げようとしているとの疑いが深まります。加えて言えば、“教育無償化”の動きには対価があります。タダの教育と引き替えに、政府のさらなる教育内容への介入がやり易くなるという側面を知っておく必要があります。

世界の平和を軍事力や核の抑止力によらず、唯一絶対の神への信仰によって持ち来そうとする生長の家は、このように、日本国憲法の平和主義を後退させ、主権者である国民の権利を縮小し、軍事力の増強、米軍との一体化によって、東アジア地域の緊張を高める結果となる9条改憲案に反対し、立憲主義をないがしろにして、日本の軍国化をめざそうとする安倍政権に対して、明確に「反対」の意思を表明するものです。

3.生長の家が考える政治のあり方について

今回の選挙では、野党勢力が分裂して混迷を深める情勢となっていますが、ここで生長の家がどんな政治を支持するかについて明らかにしておきます。

(1)立憲民主主義に基づく政治の運営
安倍政権がないがしろにしている「立憲主義」とは、憲法によって政治権力を制限し、政治家に憲法を遵守させることですが、それは、民主政治の現代にあっても、「多数者の専制」を防ぐために必要不可欠な考え方です。したがって、「民主主義に立憲主義は不要」という安倍首相の考え方は間違っていると言わざるを得ません。

この立憲主義を民主主義と組み合わせたのが「立憲民主主義」です。それは、一方で国民の政治的自由を最大限認めつつ、その民主的な選択で選ばれた政府といえども憲法で制約し、多数者が好き勝手に権力を使うのを防ぐことによって、立憲主義と民主主義との間でバランスを取ろうとする考え方です。今日で言えば、たとえ与党が議会で圧倒的多数であっても、憲法に基づく政権運営を誠実に行い、間違っても憲法を無視したり、少数者の意見を無視して政治を行うことをしないという政治のあり方です。私たちはこの「立憲民主主義」を支持するものです。

(2)環境・資源問題の解決を含めた安全保障の推進
私たちの願いは、世界の平和です。この平和を実現するためには、核の抑止力や軍事力の行使だけでは不十分です。私たちは、唯一絶対の神への信仰に基づきながら、世界の国同士が対話や交流を深めることにより、文化や宗教の共通性と多様性を認め合いながら平和共存することを目指しています。安倍政権は北朝鮮のミサイル発射行動に対処するとの理由を強調し、自衛隊の行動の活発化や軍備増強を急いでいますが、軍事力で平和は来ないことは気候変動のことを思えば明らかです。現在、地球温暖化の影響で、激しい気候変動が起こり、巨大ハリケーン、洪水や干ばつの頻発によって飢餓が発生し、難民が大量に流出しています。これらの問題は国家間の紛争の火種になっています。また、石油や天然ガスなどの枯渇資源に依存した文明に頼れば、これも資源の争奪による紛争・戦争を引き起こす可能性があります。私たちは、このような環境問題や資源問題を解決することが、世界の平和安定に大きく貢献するものであると確信しています。反対に軍事力で敵国に対峙しようと思っても、気候変動の影響は、敵味方関係なく襲いかかっているのです。安倍政権は原発再稼働を強行し、原発輸出を日本経済の成長戦略の柱の一つと位置付けて海外に売り込んでいますが、そのような原発技術の輸出ではなく、日本のもつ高い環境技術を世界に輸出したり、技術供与すれば、環境問題や資源問題の解決や世界平和に大きな貢献ができ、日本の安全保障にもつながるものと考えます。このような、環境・資源問題の解決を基軸とした平和安全保障を推進する政治を、私たちは支持します。

この度の衆議院総選挙に当たり、以上のような観点に立って候補者や政党を選択することを会員・信徒に勧めるものです。合掌。

2017年10月4日

宗教法人「生長の家」

「憲法改正の真実」を読みました。

憲法が如何に大切なものか。日本国憲法が時間の経過と共に成熟し価値のある憲法である事。
憲法学者が一般人に分かるように丁寧に教え、諭してくださっています。

自民党改憲マニアの所業を知るにつけ、ハア、頭が痛くなる。

》「政権のやっている事は憲法違反です。憲法が捨てられようとしています。憲法は、一時的に権力をあずかっているにすぎない政治家や官僚を暴走させないように主権者・国民が権力者たちを管理する法なのだから、それが遵守されていない今は異常な状態なんですよ。そんな状態で作られる憲法は危ないんですよ」と知らせなくちゃならない。Image


生長の家総裁 谷口雅宣先生のブログの「東京オリンピック開催をどう考えるか」を是非お読みになって下さい

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/693410/91698/77576636

 2020年のオリンピックを東京で開催することが決まった。私はすでに前回(2009年)の開催地選考の際に東京での開催に反対していたから、読者はきっと驚かれないと思う。ただ、今回の決定が前回に比して特に残念なのは、2011年の東日本大震災と原発事故という日本と世界にとって極めて大きな経験から、日本が国家として何も学ばなかったと思われるからである。何万人もの尊い命が失われ、それ以上の数の人々の故郷が失われたにもかかわらず、「これまで通りの経済発展を目指すことが日本の進む道だ」という方針を、わが国は少なくとも7年後まで継続することになるだろう。

 私は2006年8月末のブログで、五輪の東京開催に反対する理由をこう書いた--
 
「私が東京五輪に反対の理由は、この人口超過密の世界最大のヒートアイランドに、さらに建設資材と機材とエネルギーを投入して温暖化を促進し、そこへエアコン装備の巨大施設を造り、世界中から大勢の人を招び寄せて、さらに大量のCO2を排出することを、京都議定書を生んだ国の政治・経済政策にしてはならないと思うからである」。

 その後、京都議定書からは、日本は事実上脱退してしまった。自分で作っておいて、自ら放棄したのである。しかし、だからとって、温暖化対策を放棄してしまっていいということにはなるまい。わが国は、民主党政権下で温室効果ガスの削減目標を「2020年までに1990年比で25%」とした。それを、今の自民党政権は反故にしてしまおうとしている。安倍首相はこの目標を「ゼロベースで見直す」と明確に指示したからだ。そういう文脈の中で五輪の東京開催を強力に進めてきたのも安倍首相である。彼が目指していることは明らかではないか。地球温暖化対策は適当にごまかして、五輪開催にともなう大規模な公共工事や資本投下を実施することで、GDPやGNPの値をつり上げ、従来のような経済至上主義的な「日本を取りもどす」のである。

 この考え方の背後には、もう一つ無視してはいけない前提がある。それは、原発の本格的再稼働である。東京五輪を準備するためには、東京に大量のエネルギーと資材を供給しなければならない。そのエネルギーを今のように火力発電に頼ることはできない。原油の高騰と温暖化ガス排出増で、出費はかさむし批難されることは目に見えているからだ。しかし、五輪準備のためには原発の再稼働は必須である。が、福島第一原発の事故が継続中で、被災者救済事業も進んでいない現状では、原発再稼働への道は険しい。そこへ「五輪開催」という“錦の御旗”が手に入った。これが得られれば、「経済発展のため」という怪しげな理由に加えて、「五輪を成功させるため」という“夢のある”理由ができる。国民も都民も「スポーツの祭典」という美しい言葉に目を奪われて、きっと原発再稼働を容認するだろう……そんな思惑が見えてくるのである。
 
 しかしまぁ、先の参院選で自民党が圧勝したことで、こういう“従来路線”への回帰は予想されていた。私は民主主義を信奉する者であるが、それが完璧な政治制度だとは思っていない。他の政治形態よりはマシであるが、欠陥はいくつもあると考えている。その一つが「衆愚政治に堕す危険」が常にあることで、今回ほどこの危険を身近に感じたことはない。願わくば、無抵抗でズンズン突き進む自民党政治に有力な対抗勢力が早く現われ、「従来路線では日本も世界も救われない」という正論を展開し、自然と人間との調和を目指す現実的な政策を打ち出してほしいのである。
 
 ところで今日は、山形市で生長の家講習会があった。私が講話で「五輪の東京開催決定」の話に触れたこともあり、それに関する質問が2つ出た。1つは、山形市に住む男性のもので、こうあった--
 
「私は今日朝4時に起床して、2020年オリンピック開催地のテレビ中継を見ました。東京に決定して大変よろこびました。しかし、先生はオリンピック開催はあまり感心しないようなお話がありました。環境問題も含めてのことだと思いますが、よろしくお願いします。」

 この男性は、オリンピックの東京開催に賛成の立場だったが、私はそれに反対する理由を上記のものを含めて講習会で詳しく述べたので、今はどう考えておられるか分からない。もう1つの質問は、「五輪の東京開催」には明確な反対意思を表明していた。私の午後の説明を聞く前に書かれた質問だから、初めからこの問題を疑問視されていたのだろう。大石田町に住む75歳の女性からの質問である--
 
「明るい方向に目と心を向けるべきとは分かっているつもりですが、東日本被災地、人々の事を思うとき、きまったばかりの2020年のオリンピックのことを考えると、どうしても心が晴れません。オリンピックの東京開催を、何事もなかった、ないように喜んでいる特に政治家の、心の内が理解しかね、悩んでいます。」

 大石田町は、山形県の内陸部の最上川に面した町で、江戸時代は河港町として栄えた。天領として船役所が置かれ、奥羽山脈を越えて仙台藩にまで至る物資の流通ルートの要だった。そして、福島県にも近い。だから、この女性が「東日本被災地、人々の事を思う」と書いているのは、もしかしたら福島県から避難してきた人を直接知っているからかもしれない。そういう数多くの人々の破壊された故郷が、五輪の東京開催で今後どうなっていくのか……この疑問に政府は答えていない。巨額の借金を抱えた国が、五輪への投資と東北復興の両方をやるといっても、誰も信じないだろう。大都市と大企業の繁栄のために、東北地方は再び犠牲になるのかという疑念と不安は深刻だと思う。

 そんな中で、異常気象が続いていることは前回、8月27日の本欄ですでに述べた。その際は、日本周辺の、我々の生活に直接影響することに限定して書いたが、異常気象は決して日本周辺だけに起こっているのではなく、世界中で頻発しているのだ。今日の『朝日新聞』は、そのことを分かりやすくまとめている。気象庁が「異常気象」という場合、それは「30年に一度あるかないか」という気象現象だという。そういう現象が、今年の1~7月だけで合計72件に及んでいるのだ。つまり、月平均にして10件程度、「30年に1度」の異常現象が起こっているのだ。ということは、異常現象が常態化しつつあるということだ。それは例えば、どんなことか?--
 
「インドでは6月中旬、北西部のウッタラカンド州デラドゥーンで大雨となり、洪水などで560人が死亡。これを含めインド全体で658人の死亡が確認された。欧州も5~6月に各地で大雨となった。5月のドイツの降水量は1881年以降で2位。チェコでは非常事態宣言が出されて2万人が避難。チェコ、ドイツ、オーストリアで計18人の死亡が確認された。
 中国南部は7月、平年より気温が高く、降水量は少なかった。米国オクラホマ州では5月、竜巻がたびたび発生、40人以上の死亡が伝えられた。ロシア北部のオレニョクでは5月の平均気温が平年より7.9度も高かった」。
 
 先進諸国は、インフラや技術が整備されているため、異常気象に対する抵抗力は比較的強い。しかし、途上国はそうはいかないから、異常気象による死傷者の数は当然、途上国の方が先進国を上回ることになる。つまり、我々の贅沢な生活や、放縦的なライフスタイルによって途上国の罪のない人々が死傷するという現象が、今後続いていくことになる。それでも五輪を開催して、自分たちの経済発展を進めていこうというのだろうか。私は、こういう倫理観の欠如した国の政策を嘆くのである。
 
 谷口 雅宣

Categories : スポーツ 国際関係・国際政治 地球環境問題 宗教・哲学

誌友会と支部長会議で生長の家総裁の谷口雅宣先生のブログ唐松模様の「二大政党制を育てる為に」をお伝えしました。

ご参加の皆様に大変喜んで頂きました。
唐松模様


16日は ゆには練成に奉仕に参りますので、


不在者投票に行きました。


民主党に投票しました。

生長の家総裁 谷口雅宣先生御著書 「次世代への決断」を読んで、私の問題が全て綺麗に解決しました。

生長の家総裁 谷口雅宣先生 ありがとうございます。

平成24年 3月5日 生長の家地方講師会で、日時計主義の実践の体験発表をさせていただきました。今まであったありがたい出来事を、感謝を込めて発表いたしました。明るく笑いを混じりながら語り終えましたが、話しながら、違和感を感じました。

生長の家を学び始めて、丁度30年経ちましたが、体験発表中に、神様の導きというか、内部理想の声、良心のささやきを感じることがあります。 今回も、話しながら、

幸江よ、お前は過去のことを話している。 今、お前は感謝してるのかい。 今、愛をだしているのかい。

答えはノー。

私は職場の人間関係に悩み、解決できずにいました。それを隠して、神様の前に立っても、神様はお見通しなのです。

私は深く反省して、練成に行こう!初心に戻ろう。 信仰を深めよう!

と、ゆには練成に行くことを思い立ちました。

夫に相談すると、大賛成で、飛び上がるほど喜んで、送り出してくれました。

3月13日の午前中に誌友会を開催して、すぐに電車に飛び乗り、2時間かけて、ゆにはに到着、夕方になっていました。

清清しい霊気に満ちた道場に入り、以前より朗らで明るい道場の雰囲気に感激して練成をうけました。14日の3時から仕事なので、短時間の練成だからこそ、講師のお話を熱心に受講しました。そして、行事が終わって、職場の仲間のご先祖様の先祖供養の霊拝を一枚一枚、拝みながら、書いて、安心して就寝しました。

翌朝、新刊書の「次世代への決断」を勧められました。講師必読ですよと言われて、わくわくして読み始めました。 少し読んで、これはただ事ではないと思いました。

家に帰り、その日から、夢中でよみました。

私は15時から夜中の23時まで飲食店で働いています。24時間営業なので、仕事が長引くと深夜1時、2時まで残されます。それから24時間スーパーに寄って買い物をして帰る。 辛い気持ちのまま帰ることができず、お酒を飲んで苦しさをごまかす。家に帰り、風呂、食事を取るともう朝になる。子供の弁当を作って、送り出して午前中睡眠を取る。夫は私が寝ているときに洗濯をして、牛乳や食パンなど、毎日食べる決まったものを買ってきてくれました。 彼も不自由な足の痛さを我慢して、昼の2時から夜7時まで、スーパーの惣菜売り場のパート勤務で苦痛を味わいながら、それでもお互い我慢して働いています。お互いの苦痛を思いやりながら、見て見ぬふりをするのが精一杯。すれ違いの生活でした。。

しかし、、「次世代への決断」を読み始めて、まず、お酒を飲むのを辞めました。飲みたくなくなりました。
次にに、2月の半ばからやってきた新しい店長は一切残業をさせない方針で、早く帰ることを勧めてくれました。明るく朗らかな人で、失敗をしてもとがめないので、伸び伸び仕事が出来る環境になりました。

「次世代への決断」の難しい表現が、心地よくて、ノートに綺麗に書き写しました。2章まで線を引いた所を書いて理解を深めました。

其処まで読んで、夜遅くまで起きる事をやめました。

「次世代の為に電気を消そう!!」

12時前後に帰り、出来るだけ早く寝ることを心がけて、6時30分に起きて弁当を作り、子供達を学校に送り出して、「梅ちゃん先生」を夫と見ながら、前日の洗濯物をたたむ。

夫が洗濯をしてくれるので、その間掃除をして買い物に行く。家の中を良く見ると、其処もかしこも私を待っててくれて、毎日浮き浮きと感謝行。はたきさんも掃除機さんも雑巾さんも愛おしく、風呂の残り湯さんは最高の洗浄液。トイレさんも玄関さんも結露で黒かびが生えていたのを綺麗に掃除して、家の命が喜びに溢れてきます。今はやりの断捨離も家や物が教えてくれる。物の命の声が聞こえる。拝んで感謝してあるべきものがあるべきところに収まっていく。 

夫との時間が無いと悲しい思いを持っていました。
二年も前から、すでに与えられていた。
気がついたとき、時間は微笑んで私たち家族を包み込んでくれました。

私の大切な人達への祝福の祈り。東日本の方々への祝福の祈り、四無量心を行じる神想観。ご先祖様へのご供養の聖経読誦。
「次世代への決断」もあわてずにゆっくり深く、読むしあわせ。

「人間は神の子である」というだけでなく、自然と調和し、地球環境を傷つけずに生きることを心がけてください。それが、「実相を現象において表現する」という我々の使命です。神様は「大自然」を創造されたのであって、人間だけを創造されたのではない。人間だけが繁栄するというのは、神の御心ではないし、実相世界にはないことです。ですから、小さいことにも心を遣いながら、自然界と共存する生き方を、それぞれの立場で開発実践してください。
(世代への決断P370)


何処を読んでも、神様の祝福に満ちている。理性と良心を引き出してくれる。 それが理解できる自分を褒めてあげたい。


どうしても許すことの出来なかった職場の仲間達に、21日間和解の神想観を実行すると、罵詈雑言を浴びせかけてきた若者が優しくなり、目もあわせなかったパートさんも普通に話しかけて来て、何が起きても、争いの渦から私はポンとはじき出されました。

さらに、此処は練成道場だと思って仕事をするようになりました。お客様も、従業員さんも練成員さんで様々な思いを抱いていらっしゃるけれど、みんな神の子、どんな姿があらわれようと、すでに調和していると信念をもっていると全てのものが拝めるんですね。

お客様アンケートに、「お店に入っただけで、明るい気持ちになりました。」
と書いていただきました。

6月はじめにクレームで大激怒して帰られた30代のIT関係の仕事なのか、広い座敷席にパソコンを置いてアイドルタイムに食事をされるお客様が先日こられたので、そのときの事をあやまり、来てくださったことに感謝の言葉を告げました。「いいです!いいです!」と、無愛想だったのですが、レジにこられたとき、、アンケート用紙を手渡してくださって、「以前にあったことを覚えていてくれていました。氏名酒井さんです。にこやかな笑顔で仕事をしてました。」と、書いてくださいました。

5月、6月の売り上げが105パーセントを超えました。開店して二年初めてのことです。報奨金が出るのでみんな大喜びです。 いがみ合いが影を潜めます。

私は「次世代への決断」を読んで恐怖心がなくなり、理性と良心で物事をとらへ、ご先祖さまが、私達子孫を愛してくださっていることに感謝の気持ちが沸き起こり、ご先祖さまのように、自分も子、孫、ひ孫のために愛を一杯表現する生き方をする決断をしました。


この素晴らしい御著書を私達に与えてくださいました。生長の家の大神様、生長の家総裁 谷口雅宣先生に心から感謝します。

ありがとうございます。

長文読んでくださいまして、心から感謝します。

皆様がうれしいたのしい今をすごされますように。

ニコニコ♪ルンルン♪

がっかり

谷口雅宣先生が小閑雑感

アメリカ新大統領の

生命倫理を問うブログを書いていらっしゃいました。

ショックです。

これだけは、

これだけは、

許せない。

妊娠中絶の規制撤廃

ES細胞の利用の緩和

先祖に感謝し、

人種と宗教と国を超え、

人類の平和を実現できるかもしれないと思っていたのに、

うまれようとするいのちは、

守らないというのですか。

お金と肉体に執着する迷いを深めるだけですよ。

がっかりです。

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生長の家関連

無料ブログはココログ