光のギャラリー ~アトリエTK

  • http://atelier-tk2.cocolog-nifty.com/blog/

postingjoy

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

義父が天寿を全うしました。

93歳の主人の父が

天寿を全うしました。

昨日の深夜2時、義父が入院している病院から危篤の知らせがありました。

ペースメーカーの力で心臓は動いているけれど、脳に酸素が送られてない状態なので親族に連絡するように言われました。

今まで二度の危篤を乗り越えた義父でした。

二度目の危篤の時、

先妻さんや過去の彼女達の名前を何度も呼んで、

義母や義姉を呆れさせたあと、
奇跡の生還をとげたコントのような復活劇を演じてくれた義父でした。

夫は義母が90歳を過ぎても義父をなじり続ける言葉に苦しんでいましたが、

ある方から、

「お母さんは愛するお父さんに裏切られた事でとても傷ついたのよ。そこを理解してあげて寄り添ってあげてください。」と言われ、苦しみから解放され、

200パーセントの優しさで両親の介護に励んで来ました。

病院から呼び出された私達は、取るものもとりあえず出て来たので、

夜中起きて何度もトイレに行く義母の介助の為に夫は帰宅して、私が1人で義父を見守ることになりました。

私は
苦悶の顔で喘いでいる義父の頭を撫でながら、

「おとうさん、苦しいですね。

でも、肉体は無いのですよ。

お父さんは神様の生命です。

おとうさんありがとう。
おとうさんありがとう。

おとうさんの神様の生命を拝みます。」

そう告げて、

お父さんの枕元で神想観をしました。

光り輝く笑顔のお父さんを想い描き、光そのものの生命の世界を観じました。

そして、いつも持ち歩いている、

万物調和六章経と

大自然讃歌と

観世音菩薩讃歌を

ゆっくりとしみじみと読み続けました。

そして次第にお父さんの顔は徐々に穏やに健やかになりました。

夜が明けて、

夫と長男家族が来てくれました。

おとうさんが少し楽そうになっているので、夫はしばらくして家に戻りました。

午後3時、おとうさんの呼吸が止まりそうになりました。

ペースメーカーを入れてるので心臓はうごいていました。

長男のお嫁さんが急いで夫達を迎えに行きましたが、

私と長男でお父さんを看取りました。

おとうさんの手を握り、

おとうさんありがとう。
おとうさんありがとう。

じいちゃんありがとう。
じいちゃんありがとう。

たくさん、たくさん言いました。

義母と夫と次女と叔母、孫達も駆けつけましたが、霊安室でのお別れになりました。

おかあさんが
おとうさんのそばに顔を寄せて

とうちゃん、
みんなが来てくれて良かったね。
とうちゃん、安らかでいい顔しとるね。

ゆきえちゃん、ありがとうね。
みんな、ありがとうね。

おだやかに感謝に満ちたおかあさんが其処にいらっしゃいました。

200パーセントの親孝行をし尽くした夫も、お父さんの安らかな大往生に感謝しきりでした。

お通夜は明日なので、斎場の控え室で優しく微笑みながら眠っているおとうさんの横で最後の時をすごしています。

言葉の変換機能。

言葉の変換機能フル活用。

マイナス言葉をプラスに変えるのがシアワセの秘訣。

私は仏様のような夫を頂いているので、このままでは成長しないだろうと、

私の魂の成長のために

職場で俺様な上司が鍛えてくださる。

もっと出来るかと思ったって?
イヤイヤ

あのね、入って10日目で貴方と同じ仕事が出来たらエスパーだよ。

わたしだけでなく、
俺様な上司に傷付いてる仲間。

仲間と励まし合うシアワセ。

マイナス言葉を投げかけるヒトは自分自身をも否定しているらしいので、

彼が1番自分自身に劣等感を抱いてる事になる。

彼の本当の良さを見つけよう。
みんなの良さを見つけよう。

どんな言葉が交わされようと、

言葉の奥の神様の微笑みに感謝しよう。

夫が大好き。

今日は休日なので
普段行き違いの夫と朝からコメダ珈琲でモーニングを食べて沢山お話しができました。
夫は仕事をせずに介助が必要な義母と入院中の義父の世話に明け暮れています。両親共に同じ歳の93歳。
夫はますます仏様のように親孝行に励んでいます。

夫は毎日朝帰ってきますが、夜は義母の介助の為実家で寝起きしています。

私が仕事に出た後帰ってきて、私が帰って来る前に実家に戻るので会えません。

そんなすれ違い夫婦なので会えるだけで嬉しくてたまらない。

腰が痛くて困ってると訴えたら、

夫が勧めてくれたのでコルセットを購入。

天然ゴムで出来たコルセットが腰をサポートしてくれて動くのがとても楽になりました。
すべり症で痛んでいた腰が楽になった。

夫のいう事に間違いは無い🤗

新しい担当コーナーに着いて10日。肉体的にも精神的にも辛かったのですが、

夫に会って朗らかなココロが蘇りました。

忙しすぎて思い通りに仕事が回らないから、もう一つ早いバスに乗って朝の時間を使って仕事をスムーズに回せる準備をするしか無い。

もう一段、努力しよう。
顔晴れワタシ❣️

私はひとりじゃない。

忙しすぎて、ギクシャクしているこのコーナーのすでに調和している姿を思い描いて、とにかく仕事を
キチンと覚えよう。出来る!出来る!出来る‼︎‼︎

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生長の家関連

無料ブログはココログ