光のギャラリー ~アトリエTK

  • http://atelier-tk2.cocolog-nifty.com/blog/

postingjoy

« 天皇陛下さまのお気持ちを拝聴して、私個人も心から日本のくにを愛する国民のひとりだと気付かせて頂きました。 | トップページ | いきものは人間の食べ物で無い。 »

「憲法改正の真実」を読みました。

憲法が如何に大切なものか。日本国憲法が時間の経過と共に成熟し価値のある憲法である事。
憲法学者が一般人に分かるように丁寧に教え、諭してくださっています。

自民党改憲マニアの所業を知るにつけ、ハア、頭が痛くなる。

》「政権のやっている事は憲法違反です。憲法が捨てられようとしています。憲法は、一時的に権力をあずかっているにすぎない政治家や官僚を暴走させないように主権者・国民が権力者たちを管理する法なのだから、それが遵守されていない今は異常な状態なんですよ。そんな状態で作られる憲法は危ないんですよ」と知らせなくちゃならない。Image


« 天皇陛下さまのお気持ちを拝聴して、私個人も心から日本のくにを愛する国民のひとりだと気付かせて頂きました。 | トップページ | いきものは人間の食べ物で無い。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

合掌

 私は、谷口純子先生の推薦された『愛国と信仰の構造』を、宇治別格本山で買わせていただきました。
 今の日本に国家神道が生き残っていること、そして、国家神道を完全に否定することはできない(戦後の日本は過度に宗教を排除したからこそ、オウム真理教や日本会議が出てきた)という結論等、色々と考えさせられました。

 この本では、宗教を否定するわけではなく、宗教を公共の空間からは完全に排除できないからこそ、宗教の危険性を理解したうえで、その在り方を考えていくべき、という趣旨でした。
 宗教をタブーにすることなく、国際平和信仰運動を推進し、正しい御教えを伝えていくべきであると思いました。

 『憲法改正の真実』は読んでいませんでしたが、酒井先生のブログを読んで、又読んでみようと思いました。ありがとうございます。

智貴君
愛国と信仰の構造 今日買いに行きます。
「1954年のクリスマス」も一緒に買って読もうと思います。
神社に対しての純粋な崇拝に迷いが生じてしまう現状に困惑しています。神道を運営しているのもにんげんなんですね。まだ純子先生のブログを読ませていただいただけなのでしっかりと自分で読み込みたいと思います。
宇治練成、ご充実様です😊

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488185/66968036

この記事へのトラックバック一覧です: 「憲法改正の真実」を読みました。:

« 天皇陛下さまのお気持ちを拝聴して、私個人も心から日本のくにを愛する国民のひとりだと気付かせて頂きました。 | トップページ | いきものは人間の食べ物で無い。 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

生長の家関連

無料ブログはココログ