光のギャラリー ~アトリエTK

  • http://atelier-tk2.cocolog-nifty.com/blog/

postingjoy

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

半身安心

ここの所 調子が悪くて 何をしてもすっきりしなかった。

仕事に行くのも おっくうでやる気が出ない。

家にいても落ち着かない。

そんな私を 心配して主人が動物園に誘ってくれた。

自由でない環境にいるはずの動物さんたちが 伸びやかに微笑んで見えた。

夢中で写真を撮る私を主人も微笑んで見てた。

私はひとりじゃない。

ありがとう アナタ。
心の中に暖かな思いが溢れました。

到津の森公園その3

到津の森公園その3
到津の森公園その3
到津の森公園その3
到津の森公園その3
到津の森公園その3

到津の森公園 その2

到津の森公園 その2
到津の森公園 その2
到津の森公園 その2
到津の森公園 その2
到津の森公園 その2

到津(いとうづ)の森公園

到津(いとうづ)の森公園
到津(いとうづ)の森公園
到津(いとうづ)の森公園
到津(いとうづ)の森公園
到津(いとうづ)の森公園
主人と動物園にデートに来ました♪

森の中の動物園。

ゆ〜たり 幸せそうな動物さん達です。

感動をありがとう オリンピックはすばらしい

真央ちゃん、貴女はすばらしい!みんな素晴らしい!

最高の舞台で最高の演技!!

輝いてるな~~!

明日が楽しみです!!

高橋大輔さんの悦びに満ちたフュギィアースケートの映像、何度見ても感動して涙が出てきてしまいます。

4回転ジャンプを失敗しても、立て直してすべる練習をしっかりと積み重ねて来たなんて、逆転の発想よね。 失敗ではなくて、ひとつの過程なんだな。

オリンピックって、生命の喜びに満ちてますよね♪

母親教室にカムバック Yちゃん書いたよ~~♪

二年ぶりに参加してくださるようになったYさんが先日の母親教室で喜びの体験を語ってくださいました。

二女のMちゃんの幼稚園の母の会会長になって、二年のあいだ母親教室に一度も参加できなかったのですが、

毎月お誘いメールを送っていました。

Mちゃんがようやく小学校に上がって、人間関係で苦労した母の会も終わってほっとして、これでのんびりできると思ったのもつかの間、

Mちゃんが登校拒否をするようになってしまいました。

Mちゃんの背中を押しながらようやく登校して、

待っていた担任の先生から、

強い口調で、

「Mちゃんもう幼稚園じゃないんだから、しっかりしないと駄目なのよ!わかってるの!」と腕をつかんでゆすぶられたらいしのです。

その指導に猛烈の腹が立って、そんな言い方をしては駄目だと反発したらしいのですが、

「いやいや、私が先生を嫌っては駄目だ。何のためにyukieさんの母親教室に何年も通ってたんだ。私が先生を好きにならなきゃ駄目なんだ。」反省したのです。

そして、先生との個人面談のとき、

満面の笑顔で、先生に感謝の言葉を言えました。 (すごく我慢しながら(笑))

するとMちゃんは夏休みを過ぎて、クラスで飼うことになったモルモットの係りになった責任感もでて、喜んで登校するようになったそうです。

そこでYさんは改めて母親教室で学ぶことの大切さを実感されました。

このお話もジョイに書くことを快諾してくださいました。

だんな様のお母さんから生長の家を伝えられて、実の母子のように仲良く信仰をされているYさん。お母様もとても明るく元気な方です。 Yさんがますます光り輝いていかれますね!

ニコニコ♪ルンルン♪

海から吹く風

海から吹く風
二男くんの 作品です。

おひなさま

035

私の勤めているお店のお菓子にかわいいお雛様が付いてました。

お雛様に少しお菓子が付いてると、言ったほうが正しいです。

おばあちゃま達がお孫さんへのお土産や、お家に飾るために喜んで買われて行きます。

いろんなデザインのお雛様があるので楽しいです。

陶器で出来てる小さな このお雛様に一目ぼれしました。

茹でたてのブロッコリー

茹でたてのブロッコリー
何でも無い 何時も通りの事なのに

ブロッコリーの緑が鮮やかで うれしくなった。

お雛様に父の愛

お雛様に父の愛
母親教室の会場のお宅の玄関に小さなお雛様が飾られてました。

なんと、ご主人がお嬢さんの為に作った木目込み人形だそうです。

なんて素晴らしいご家庭でしょうね。

生長の家 postingjoyへ書き込みしてます。

生長の家のSNS postingjoyに夢中です。

今日のジョイです♪

私は職場で愛行をしてます。

ちょっと前までは別の部署だったので、ちょと年上で明るくて親切なFさんととても仲良しになりました。

でも、Fさんはとても大きな悩みがあり、それを知った私は白鳩誌を絵手紙を添えて差し上げるようになりました。

間もなく同じ部署になりFさんが上司になりました。

すると、Fさんはことごとく私につらく当たるようになりました。

それでも、Fさんの幸せを祈りました。

でも、Fさんは私を避けるようになりました。

とても、寂しく、辛い日々が続きました。

そんな時、四無量心を行ずる神想観を実習するようになりました。

祈れば、祈るほど、安心の心が拡がりました。

とても、広々とした心になって、

Fさんと何のわだかまりもなく仕事ができました。

まるで、姉妹のように自然に仲直りしました。 何にも気構えずに、いつの間にか。

避けられていたので、白鳩誌もこの頃渡せずにいたのですが、またお渡しできます。

大切な大切な親友。

私はFさんが、大好きです。

四無量心を行ずる

四無量心を行ずる
与えきって、与えきって、喜ぶ。

なんてステキなんだろう。

たとえ、感謝されなくても、

たとえ、反感を持たれようとも、

苦しみを除き

悩みを柔らげ

楽を与え

喜びを与え

地球の生命の多様性をも守り、

与えきって、

与えきって、喜ぶ。

そんな生き方が

今、出来るんだ。

生命学園は素晴らしい

月に一度の生命学園

今日は新しいお友達が仲間になりました。

私の地区の若い白鳩の為の学習会のメンバーの

Sさんが2歳の双子ちゃんをおばあちゃんと一緒に連れてきてくれました。

お祈りも礼拝もちゃんと出きて素晴らしい神の子さんです。

今日は12人の子供達が来てくれました。みんな仲が良くて、お雛様の色紙をそれぞれの年齢に応じて一生懸命作ってくれました。

製作の前に「日々の祈り」を朗読して、2年になります。

子供達の集中力の素晴らしさに驚嘆します。 長く大人でも難しい言葉をその本質の響きを感じ取るように静かに聞いてくます。2歳から9歳とは思えない集中力です。

私は生命学園が大好きです。

園長になって2年、未熟な私がこどもたに出来ることは何だろうといつも考えてきました。

園長講話もままならず、どうして良いかわからないこともありました。 

昨年8月生教会教育学会で、「日本一の園長になります。」 と宣言しました。

帰ってきて、スタッフのみんなに 日本一の園長だからね! みんなも日本一のスタッフよ!! と、笑いあいました。

明るい気持ちが増して、

祈ることしか出来ないと思っていたけど、

「祈りの素晴らしさを教えることが出来る」と思いを変えました。

今、心の底から、園児さん、ママたち、仲間たち、

みんなが愛おしい。

そうなんだ、

愛すればいいんだ。

日本一みんなを愛する園長が、

日本一の園長なんだ。

素晴らしいお役を与えていただきまして、ありがとうございます。

地図データ ©2010 ZENRIN - 利用規約

さんかく

さんかく
はい。 猫ばかり撮ってる 猫バカです。

この寝姿バランス良いなぁとおもいまして…♪

友チョコ

友チョコ
末っ子ちゃんがんばって作りました。

明日仲良しのお友達とチョコの交換会だそうです。

白梅 紅梅

白梅 紅梅
白梅 紅梅
白梅 紅梅
梅が咲きました。

たまたま

まるまる

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

生長の家関連

無料ブログはココログ